医師のご紹介
医師のご紹介
小室整形外科医院 > 医師のご紹介

医師紹介

院長 小室 元(はじめ)

私はその人にベストの治療をしたいとおもっています。
ベストの治療とは私のみが考えるのではなく、私と治療をうける方や家族が相談して考えた結果のベストの治療を行いたいと思っています。
ひとりよがりにならないようにするのはなかなか難しいです。

院長 小室 元(はじめ)

経歴

1993 年
関西医科大学卒、 関西医科大学整形外科学教室研修医
星ヶ丘厚生年金病院整形外科、松山赤十字病院リウマチセンター勤務後
松山赤十字病院リウマチセンター勤務を経て
1996 年
関西医科大学博士課程入学
1999 年
Scripps Reseach Instisute Arthrisis Division 留学、
関節炎のメカニズム解明と軟骨再生研究に従事。
2000 年
留学中、関西医科大学大学院医学研究科博士課程卒業、学位取得
2001 年
帰国後、阪和住吉総合病院整形外科医長
2006 年 1月
関西医科大学附属枚方病院開院と同時に整形外科助手、膝関節手術、関節リウマチ分野担当となる
2006 年 4月
Societe Franco-Japonaise d`Orthopedie(日仏整形外科学会) 交換研修留学、
人工関節外科手術を学ぶ
2007 年
関西医科大学整形外科外来医長、リウマチ膠原病科病棟医長兼務
2009 年 8月
医療法人社団小室整形外科医院で診療に従事
2010 年 4月
同院院長となる

専門研究分野

人工膝関節手術
関節リウマチ治療
高齢者転倒骨折予防

役職

関西医科大学整形外科非常勤講師
右京医師会専任理事
高齢者転倒転落ダメージ対策協議会 世話人

所属学会・認定医など

日本整形外科学会(専門医、脊椎脊髄病医)
日本リウマチ学会(専門医、指導医)
日本人工関節学会
日仏整形外科学会
医療の質安全学会

受賞

2007年 医療の質・安全学会ベストプラクティス優秀賞受賞、他

血液型

A型

趣 味

旅行にいってゆっくりすること(最近できませんが)
ときどきバーへいくこと
歴史、民俗学の本をよむこと。

非常勤医 斎藤 隆道

外科手術、超音波検査担当
斎藤医院院長(右京区梅津後藤町)  右京医師会HP 

常勤医 小串 むつみ

病気やケガの治療は、医療者が外から治すのではなく、
生物本来の治癒能力を活かせるように導くお手伝いをしていると思っています。
治療の主役はご本人だ、と思っていますので、治療についての希望もお話ししてください。
より良いお手伝いができるよう日々努力して参ります。

と難しく語りましたが・・・。
猫とスイカが大好きです。
平成30年4月より常勤となりました。よろしくお願いします。

非常勤医 小串むつみ

経歴

兵庫県出身
1991 年 3月
関西医科大学医学部医学科卒業
関西医大病院 救命センター研修医を経て
1994 年 5月
関西医大病院 整形外科教室入局
大学院で小室院長とともに関節炎の研究、電気生理学の研究を行い、
2006年まで大学付属病院や関連病院で整形外科診療に従事。
2007 年
兵庫、東京で整形外科診療、在宅医療、再生医療に従事。
2016 年 12月
小室整形外科医院 非常勤医
2018 年 4月
小室整形外科医院常勤医師となる。

     

所属学会・認定医など

日本整形外科学会(専門医、運動器リハビリテーション医)
日本抗加齢医学会(専門医)
日本再生医療学会(認定医)
日本軟骨代謝学会
日本骨代謝学会